トップページ

Ueno Water and Atmospheric Circulation seminor
(通称:UWACゼミ)へようこそ!!

お知らせ
☆各週のゼミ内容は前日までに更新される予定です。コンテンツの「UWACゼミ」をご確認ください!

☆学部3年生でUWACに興味のある方へ…一度UWACゼミへ足を運んでみてください。ゼミの雰囲気を味わえて良い経験になると思います!

☆学外で本研究室に興味のある方は気軽に上野までご一報ください(連絡先はこちら)!

本研究室は山岳科学学位プログラムに協力しています。大学院で山岳環境を研究したい方は、同プログラムも是非ご覧ください!

主な研究内容

1) アジアモンスーン域での大気陸面相互作用
チベット・ヒマラヤとその周辺域における大気循環場と陸面状態の熱力学的な関係(相互作用)を探ります。

2) 山岳地域の降水システムと局地循環
水資源の源である山岳域での降水機構と局地循環過程を、メソスケールと総観規模の連動の視点で分析します。

3) 天候変化が降積雪環境に与える影響
近年の天候変化(特に低気圧活動)による降水(雨雪)形態・積雪構造への影響を、雪氷気象学の観点で研究します。

4) 降水量・降水形態観測
降水形態・降雪量の短時間変動を把握するための観測手法の研究や衛星降水データの活用を進めています。

5) 小気候観測とご当地気象学
アメダスだけでは把握できない地域固有の気候や天候の特徴を、現場観測から明らかにしていきます。山岳森林域での微気象観測も始めました。

6) データーアーカイブによる研究の統合化
複数分野・機関に散逸する同一地域の観測データを収集・公開し、領域横断型の研究を促進します。



   

主な研究地域本研究室が関係してきた学際プロジェクト・機関
1)チベット・ヒマラヤ山岳地帯GAME/Tibet
2)インド・アジアモンスーン域CEOP
3)中部山岳域CEOP/AEGIS
4)つくば・霞ヶ浦周辺CEOP/つくば
5)千葉県幕張周辺筑波山プロジェクト
6)京都府福知山盆地
中部山岳域連携事業(JALPS)
7)滋賀県琵琶湖周辺
TPEプロジェクト
8)静岡県井川演習林
UCLA-SM-3
          etc..
MRI/Swiss
JAXA-PMM
GPM-PMM

※詳細は卒業生・論文一覧へ!!